So-net無料ブログ作成

お魚クッキング [最新のお知らせ]

3・4・5歳児でお魚クッキングをしました。


「命を頂く大切さを知る」「生の魚に触れる体験をする」をねらいに毎年行っています。


始まる前に「いただきます」「ごちそうさま」の言葉の意味を子どもたちと考えたり、


身近な食材の写真を見ながらどういう場面で「命を頂いている」のか考える時間を少し持ちました。


P1080313.jpg


今年は保育園に魚を卸してくれている業者さんが子どもたちの目の前で「ぶり」を


さばいてくれました。


P1080316.jpg


普段、切り身の魚を目にすることが多い子どもたちは近くで見る大きな魚にびっくり。


実際に触らせてもらいました。


ぶり触る.jpg




それを手際よくさばく姿に子どもたちはくぎ付けでした。


P1080326.jpg


ぶりさばく.png




内臓が出てくると「わぁ~」と口に手をあてて見ている姿もちらほら。


ぶり集合写真.jpg



「これが心臓」「これがエラだよ」と実際に見せてもらったり、触らせてもらい、


「命を頂く」ということを肌で感じました。


P1080335.jpg


P1080337.jpg


子どもたちから魚屋さんに「どうして魚は海の中にいるの?」「この魚はどこから来たの?」と質問する


姿もあり、丁寧に答えて下さっていました。


ぶりは、ツバス⇒ハマチ⇒ぶりと名前が変わる魚であることも教えてもらいました。


三枚におろしたぶりは各クラス、ホットプレートで塩焼きにしました。


P1080342.jpg


子どもたちはいつもより心を込めて「いただきます」そして「ごちそうさま」をしていました。


残さずに「美味しい」とお魚を頂きました。


DSC03275.jpg


忙しい中、来てくださった魚屋さん、ありがとうございました。





サイトへ戻る 安井保育園