So-net無料ブログ作成

お魚クッキング [最新のお知らせ]

3・4・5歳児でお魚クッキングをしました。


「命を頂く大切さを知る」「生の魚に触れる体験をする」をねらいに毎年行っています。


始まる前に「いただきます」「ごちそうさま」の言葉の意味を子どもたちと考えたり、


身近な食材の写真を見ながらどういう場面で「命を頂いている」のか考える時間を少し持ちました。


P1080313.jpg


今年は保育園に魚を卸してくれている業者さんが子どもたちの目の前で「ぶり」を


さばいてくれました。


P1080316.jpg


普段、切り身の魚を目にすることが多い子どもたちは近くで見る大きな魚にびっくり。


実際に触らせてもらいました。


ぶり触る.jpg




それを手際よくさばく姿に子どもたちはくぎ付けでした。


P1080326.jpg


ぶりさばく.png




内臓が出てくると「わぁ~」と口に手をあてて見ている姿もちらほら。


ぶり集合写真.jpg



「これが心臓」「これがエラだよ」と実際に見せてもらったり、触らせてもらい、


「命を頂く」ということを肌で感じました。


P1080335.jpg


P1080337.jpg


子どもたちから魚屋さんに「どうして魚は海の中にいるの?」「この魚はどこから来たの?」と質問する


姿もあり、丁寧に答えて下さっていました。


ぶりは、ツバス⇒ハマチ⇒ぶりと名前が変わる魚であることも教えてもらいました。


三枚におろしたぶりは各クラス、ホットプレートで塩焼きにしました。


P1080342.jpg


子どもたちはいつもより心を込めて「いただきます」そして「ごちそうさま」をしていました。


残さずに「美味しい」とお魚を頂きました。


DSC03275.jpg


忙しい中、来てくださった魚屋さん、ありがとうございました。





節分 [最新のお知らせ]

2月2日(金)に安井保育園では節分の集いをしました。


節分の由来のお話を聞いたり、幼児クラスは自分たちで作ったお面を紹介。


くま組(3歳児)

P1080214.jpg


きりん組(4歳児)

P1080217.jpg



らいおん組(5歳児)

P1080211.jpg



かわいい鬼さんたちが勢ぞろい。お兄ちゃん、お姉ちゃん鬼に向かって乳児クラスが


新聞紙で作った豆で「おにはそと!ふくはうち!」と豆まきをしました。



P1080221.jpg


大好きなお兄ちゃんお姉ちゃんたちが鬼なので、ちっとも怖くありません。


安心して豆まきを楽しんでいました。


P1080226.jpg


そこへ、鬼の親が登場!今度は親鬼向けての豆まきが始まりました。


P1080229.jpg


集いの最後は本当の豆を使った豆まきです。前日にらいおん組がフライパンで豆を炒ってくれました。


その豆を持って園庭に出ようとしたら、もう鬼が来てるではありませんか!!


P1080241.jpg


あまりの驚きにお部屋から出られない子も…そんな子どものために保育室の一角を安全地帯にしました。


暴れまわる青鬼と赤鬼。勇気を出して豆を投げつけるのだけれど、鬼が追いかけてくると


フルスピードで逃げていましたよ。


P1080237.jpg


頑張った甲斐があって、無事に鬼は退散。よかった~と喜ぶ子どもたちでした。


給食は恵方巻です。


先生たちの腕の見せ所 子どもたちの前で1本巻きました。


みんなに見つめられてドキドキ。うまく巻けるかしら…


P1080245.jpg


P1080252.jpg


P1080254.jpg



今年の方角の南南東を向きながら黙って頂きました。


P1080258.jpg


P1080261.jpg


泣き虫鬼、好き嫌い鬼、怖がり鬼、怒りんぼ鬼などなど…悪い鬼さんはやっつけられたかな?



サイトへ戻る 安井保育園